flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

ビックカメラでLINE Payを使ってみる

f:id:penchosan:20190612123154j:plain
2018年末にいわゆる”PayPay祭り”が開催され、その後もLine Payやd払いなどの祭りが後を追いかけた。

キャッシュレス派の自分はPayPay、d払いは利用してきたものの、Line Payだけは未経験(食わず嫌い)だった。今回、ビックカメラが最大20%のキャンペーンを実施中だったので使ってみることに。 

これまでLINE Payを使ってこなかった理由

単純になんか面倒なイメージがあったから。

そもそもLINEのアプリがだいぶ以前からメニューが乱立しカオスな状態になっていて、使ってみようという気にならなかった。メッセージングアプリに決済機能が統合されているというのはLINEの強みだと思うけど、逆に複雑さが仇になっている気がする。PayPayやd払いは直感的に使えるのだが。

事前確認

ビックカメラのHPを確認する。

ん?SHOPPING GOって何?

f:id:penchosan:20190612123151p:plain

https://www.biccamera.co.jp/shopguide/campaign/lineshopping/index.html

「SHOPPING GO」とは専用のバーコードを読み取ることで「LINEポイント」が付与されるサービスで、要はオンラインショッピングでいうところのポイントUPモールのようなもの。LINEとは別にアプリが必要ということでインストールし、店舗へGO。

店舗での操作

店員さんと自分の操作のやりとり

  1. (店員)商品のバーコードをスキャンし金額確定
  2. (自分)SHOPPING GOアプリのバーコードを提示
  3. (店員)バーコードをスキャン
  4. (自分)ビックカメラアプリのポイントカードバーコードを提示、ポイントを貯めるか使うか宣言
  5. (店員)バーコードをスキャン
  6. (自分)LINEアプリでバーコード画面を開く、LINEポイントを使用するか決定し、バーコードを提示
  7. (店員)バーコードをスキャン

いや、結構手数が多い・・バーコードスキャンが3回とポイント使用判断が2回

まとめ

今回はキャンペーン期間であるがゆえに、操作の複雑さも仕方ない面もあるが、日常的にこの方法をメインで使おうとは思わないだろう。

個人的にスキャンは2回が限界。

そうなると今回の場合「SHOPPING GO」の位置付けが微妙になる訳だけど、自分がまだ「SHOPPING GO」を理解しきれていないので、これはこれで調べてみようと思う。

キャッシュレス推進においては、仕組みの複雑さと操作の複雑さが大きな壁になると実感。そういえば今年のゴールデンウィークは「キャッシュレス・ウィーク」と称して各社キャンペーンを実施するようで、いい機会だから全種類使い比べでもしてみようか。