flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

日産の臨時株主総会に行ってみる

f:id:penchosan:20190612124802j:plain

本日4月8日は日産の臨時株主総会。

日産に限らず、今まで株主総会に出席したことがなかったのだが、今回は事が大きくなっているので興味本位で行ってみることに。

今回の事件がどうこうよりも、総会の雰囲気を掴みたかったのと、現場に赴く価値があるのかどうかを知りたかった。内容だけならインターネットで見ればよいので。

全体的な感想

会場は品川駅から徒歩5分のグランドプリンスホテル新高輪。

日産の本社は横浜にあって、定時株主総会はパシフィコ横浜で開催するのが通常のようだが、今回は会場の都合なのか。

会場に着くとすでに半分近く席が埋まっており、やや後方に座る。全体を見渡してみると平均年齢は50歳近いかなという印象。想定通りといえばその通り。

10時になると総会がスタート。内容と時間軸は以下のサイトが詳しい。

www.nikkei.com

率直な感想は何というか台本通りというか、作られた舞台のような印象を抱いてしまったのは否定できない。

社長の冒頭発言はほとんど読んでいるだけで自分の言葉で喋っていないように見えたし、質疑応答の際も終始お役所的な回答に留まっているし。

もちろん下手なことは言えない状況なのは理解していますが・・

あとは時間が長すぎる点。

自分は勝手に10時~12時までだと思い込んでいたけど、株主総会の案内には開始時間が10時としか記載がない。エンドの時間が決まっていないのだ。

企業でよくあるゴールの見えないとりあえず集まりましょう的な会議が思い浮かぶ。上記日経の記事から時間整理すると、総会全体は約3時間。

10:01 - 10:29 西川社長の冒頭発言
10:43 - 12:54 質疑応答
12:57 総会終了

質疑応答が2時間近く続いた訳だが、質問できたのは確か25名ぐらい。

質問希望者はもっといたはず。質問したい人がたくさんいて、かつ貴重なご意見を持っている可能性もあるのだから、もう少し時間を有意義に使えないだろうか。

会社に「スピード感がない」という指摘も出ていたが、残念ながら総会そのものがそんな感じである。

まとめ

まとまりがない文章になってしまったが、今回出席した限りでは株主総会はインターネットで十分という結論に。

もちろん他の企業は違うとか、お土産が出るとか色々あると思うが、当分出なくてよいかなと。それが分かったので今回は良しとしよう。