flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

シンガポール「ジュエル チャンギ空港」のプレビューへ行ってみる

f:id:penchosan:20190612133735j:plain

シンガポールのチャンギ空港といえば、世界ベスト空港ランキングで7年連続で1位に輝いている空港だが、その勢いはとどまることを知らず、2019年4月17日に新施設「ジュエル」がオープンした。今回、オープン前のプレビュー期間に行ってきたので簡単にレポート。 なお、本記事ではショップやレストランについては触れない。

「ジュエル」とは

チャンギ空港の3つのターミナルに囲まれた場所に位置する、巨大な複合施設である。ショッピング、レストラン、アトラクションが楽しめる。日本で例えるとイオンモールみたいなものだろうか。

f:id:penchosan:20190612133732j:plain

Experience Wonder at Jewel Changi Airport より

ただし他の複合施設と明らかに異なるのは、そのコンセプト。「ジュエル」という名の通り、宝石をイメージした建物と、シンガポールお得意の自然をイメージしたアトラクションがポイントになるだろう。

外観

正直、外観は「あんぱん」にしか見えないが・・(おまけに中心部が凹んでいるし)
天井部分は全面ガラスで、側面は一部のみがガラスとなっている。宝石のキラキラ感をイメージしているのだろうか。ちなみに左側のタワーは展望塔ではなく空港管制塔。

f:id:penchosan:20190612133730j:plain

ターミナル2とターミナル3からは直通のブリッジがある。写真はターミナル2側。

f:id:penchosan:20190612133727j:plain

f:id:penchosan:20190612133724j:plain

f:id:penchosan:20190612133845j:plain

内観

建物内部に入ると、えらい人だかり出来ている。

f:id:penchosan:20190612133842j:plain

中心部へ進むとメインの滝が現れる。運良く虹も・・
トップ画像にもある通り、建物内をスカイトレイン(ターミナル2と3を連絡するモノレール)が通る。

f:id:penchosan:20190612133840j:plain
天井部
f:id:penchosan:20190612133837j:plain

いたるところに植物が
f:id:penchosan:20190612133834j:plain

なお、森全体は「Shiseido Forest Valley」、滝の部分は「HSBC Rain Vortex」というのが正式名称になっている。文字通り資生堂とHSBC(世界有数のメガバンク)がスポンサーという事だ。

 

アトラクション

建物内の5階が「Canopy Park」と呼ばれるアトラクションフロアになっていて、本格オープンは2019年6月10日になるとの事。なお、4月17日~6月9日までは閉鎖されるので注意。プレビュー期間中も一部しか開放されていなかった。

Canopy Bridge

空中散歩をイメージした円弧状の橋。支柱が無いので吊り橋という事だ。人だかりを想像するとちょっと怖い。
f:id:penchosan:20190612133938j:plain

f:id:penchosan:20190612133934j:plain

Topiary Walk

動物園的な植物園
f:id:penchosan:20190612133931j:plain

オランウータンは正面が見れず・・・

f:id:penchosan:20190612133928j:plain

公式HPに登場する鳥のキャラクター

f:id:penchosan:20190612133925j:plain

MANULIFE SKY NETS - Walking

空中にネットが貼られていて歩けるアトラクション。おそらく一番人気が出そうなのだが、残念ながらプレビューでは体験できず。

f:id:penchosan:20190612134028j:plain

これは楽しいに決まっている。

f:id:penchosan:20190612134025j:plain

下は吹き抜けという・・・

f:id:penchosan:20190612134022j:plain

なお、全部は載せきれないがアトラクションはこの他に5~6つ存在する。

滝の下

どうなってるの?っていう疑問が湧くのだが、ガラスの漏斗のような形状になっていて濡れることはない。

f:id:penchosan:20190612134020j:plain

地下2階では触れることもできる。

f:id:penchosan:20190612134017j:plain

f:id:penchosan:20190612134042j:plain

まとめ

アトラクションフロアは未完成ではあるものの、一通り見て回ることができた。

今回のプレビューは3時間単位で時間が指定されていたが、実際の所要時間も食事、買い物含めて3時間から半日くらいあれば十分だろうと思う。

ひとつ感じたのは、マリーナ ベイ サンズの裏にあるガーデンズ・バイ・ザ・ベイの「Cloud Forest」に似ているという事だ。

もちろん向こうは植物園、こっちは複合施設と役割は異なるのだが、行ったことがある場合はデジャヴを感じるだろう。

www.gardensbythebay.com.sg

 ターミナル前にこんな施設を作ってしまう、いや、拡張余地を残しておく先見の明には関心せざるを得ない。

おまけに空港自体は現状の2倍以上の拡張を予定しているとの事で、第2の「ジュエル」ができる可能性もあるし、チャンギ空港の進化っぷりには驚くばかり。

比較という意味で、日本の羽田空港の再開発状況を後日アップしようと思う。

羽田空港編

www.penchosan.com