flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

シンガポールのチャンギ空港はJALのモバイル搭乗券に未対応。空港カウンターでの発券が必要

f:id:penchosan:20190612145110j:plain

国際線に搭乗する際には、いわゆるオンラインチェックインというサービスが利用できて、空港のカウンターに寄らずに出国手続きに進めるというメリットがある。

オンラインチェックインといっても搭乗券は必要で、以下の3パターンで取得可能だ。

  • モバイル搭乗券
  • ホームプリント搭乗券(自分で印刷して持参する)
  • 空港で受け取る

2019年という時代において下の2つはまず選択肢から外れるだろう。

紙の搭乗券なんて持ちたくないので。もちろん何らかのトラブル時の救済措置としては残ると思うが。

だがしかし・・チャンギ空港でJALはモバイル搭乗券が使えない(2019年4月時点)という事がわかった。

QRコードが表示されない

オンラインチェックインをすると以下のメールが送信されるが、QRコードへのリンクが表示されていない事に気付いた。(日本出発時のメールには当然表示あり) 

f:id:penchosan:20190612145108j:plain

HPを確認してみると確かに「現在お取り扱いがありません」と記載がある。

出発空港別ご利用可能サービス一覧 - JAL国際線

しかしこれを現地で気付くのはちょっとなぁ。

数日前に「ご搭乗のご案内メール」を送付されるのだから、そのタイミングで「ご搭乗の便はモバイル搭乗券に対応しておりません」と注意喚起するくらいは対応できないだろうか。

モバイル搭乗券が使えない、旅先なのでプリンタは無い、という事で結局空港のカウンターで搭乗券を発行してもらうはめに。

他の会社の状況

世界1位の空港がモバイル搭乗券未対応ってどういう事?と疑問に思い、念のため他社も確認してみる。

ANA

HPを見てみると、シンガポールは対応している。

ANA国際線の搭乗手続き「オンラインチェックイン」 | ご旅行の準備 [国際線] | ANA

ただ、お知らせに出ているのでわりと最近対応したようだ。(日付は書いてない)

f:id:penchosan:20190612145106p:plain

 

もしかしてターミナル単位で対応状況が異なるのか?(JALはT1、ANAはT2なので)
と疑問に思い、T1発着の会社を調べてみる。

エミレーツ航空 

こちらはシンガポールに対応している。

スマートフォンのモバイル搭乗券は、どの空港で利用できますか? | ご旅行の管理 | FAQ Details | エミレーツ航空 日本

ニュージーランド航空

こちらはモバイル搭乗券のならず、ホームプリント搭乗券も不可!

受付可能な搭乗券 - オンライン チェックイン - 空港にて - サービス | ニュージーランド航空- 日本

まとめ

という訳でターミナルは関係なく、航空会社×空港の単位で対応状況が異なるという理解でよいようだ。

疑問が残るのは未対応の理由で、システム対応が追い付かないとか、空港側がモバイル搭乗券の許可を出さないとかが考えられる。

いずれにしてもサービスレベルが路線ごとに異なるのはややこしいので、対応してほしいところ。

余談

JALは一方で2019年4月9日から国内線のモバイル搭乗券をGoogle Payに対応させたようだ。QRコードよりおサイフケータイの方が遥かに楽だと思うけど、今度使ってみようと思う。

press.jal.co.jp