flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

GWにいまさら使ってみた3つのキャッシュレス決済(メルペイ、Origami Pay、Kyash)

f:id:penchosan:20190612164004j:plain

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」に初めて乗っかってみよう思う。

キャッシュレスウィークと呼ばれたゴールデンウィークであったが、いつも使っている決済手段のキャンペーンに後ろ髪を引かれつつ、これまで自分が未開拓だった決済手段を使ってみて独断で評価してみた。

対象はPayPayやLINE Payの勢力の影に隠れてしまっている印象があるメルペイOrigami PayKyashの3つである。

www.penchosan.com

評価方法

以下の5つの観点で完全なる独断で5段階評価する。

なお、実店舗でのショッピング利用をメインに想定し、決済以外の機能(個人間送金など)については評価対象外としている。

  1. 加盟店の多さ
  2. チャージ方法
  3. 決済方法
  4. アプリの操作性
  5. 総合評価

自分の性格上、重視するポイントは以下の通り。

  • クレジットカードが使える
  • オペレーションが少ないこと
  • 仕組みやデザインがシンプルである

メルペイ

言わずと知れたメルカリのスマホ決済。iDの仕組みを利用して決済する。

メルカリの売上金をそのまま普段の買い物で使用できるという点が強みだが、裏を返せばメルカリユーザ以外には訴求力が乏しいかもしれない。

観点 評価 コメント
加盟店 ★★★☆☆ iDが使える店舗であれば使用可能なので、国内はバランスよく使えるはず。
チャージ ★★★☆☆

銀行口座からポイントを購入してチャージする。クレジットチャージは非対応。ただしあと払いサービスがあるので、ポイントが無くても実質的にクレジットと同様な使い方は可能。

決済 ★★★★☆  iDとして決済する方法とQRコードを使用する方法の2通りがある。iD非対応だがメルペイには対応している店舗ではQRコードを使うという使い分けが必要になる。
アプリ ★★★☆☆  メルカリのアプリ内に統合されているため、メルペイの画面まで1アクション余計に必要。(LINE Payも同様だったが専用アプリとして独立した)
総合 ★★★☆☆ iDとして使えるのはメリットではあるが、既にiDを使っている場合はメルペイか本家iDのどちらかを選択することになる(もちろんiDアプリで切り替えることは可能)。自分は普段iDを使っているのでメルペイがメインの座を奪うことはないだろう。

Origami Pay

キャッシュレス決済としてはかなり先行しているOrigami Pay。

オレンジ色のロゴと相まって牛丼のイメージが強いような。チャージなしというシンプルな仕組みは直感的に使いやすい。

観点 評価 コメント

加盟店

★★☆☆☆ 吉野家・松屋と牛丼には強いが大手コンビニはローソン系のみと国内では心もとない。銀聯QRコード決済に対応予定(2019年第1四半期)なので中国訪問の際は使える。
チャージ ★★★★☆

銀行口座、クレジットカード(Visa、Master)に対応。Origami Payにはチャージという概念が無いので残高の心配とチャージという余計な作業が不要なのはメリット。

決済 ★★★☆☆  QRコード決済のみ。
アプリ ★★☆☆☆  決済履歴(レシート)がプロフィールメニューの中にあるので確認までが遠い。加盟店の一覧性がいまいち。欲しい情報が探しずらい一方でキャンペーン画像が画面の半分近くを占めるなど、細かい点で改善の余地がありそう。
総合 ★★★☆☆ 他に比べるとやはり加盟店の少なさがネックか。チャージの概念が無いゆえにキャンペーンがポイント還元ではなくクーポン方式になっているのが面倒な点。特定の店舗のリピーターであればよいのだが。

Kyash

常時2%キャッシュバックで話題のKyash。プリペイドカードに分類される。

オンライン決済専用のバーチャルカードと、実店舗でも使える物理的なリアルカードの2種類が存在する。他の決済サービスと組み合わせて使うのが定番。

観点 評価 コメント

加盟店

★★★☆☆ Visa加盟店で利用可能。ただし公共料金、電子マネーチャージ、ETC、航空券などなど、プリペイドカードがゆえの例外が結構あるので注意。また3Dセキュアに対応していないのでオンライン決済で使えないシーンもある。
チャージ ★★★★★

クレジットカード、デビットカード(Visa、Master)、およびコンビニやATMでのチャージに対応。銀行口座からの直接チャージはできないが、デビットカードで間接的に対応している。残高不足の場合はチャージを使い切った上でオートチャージが発動するので、残高が常に0円になるというステキな仕様。

決済 ★★★☆☆ 

実店舗ではリアルカードを提示する。Kyash単独でのスマホ決済はできない。ただしOrigami Pay、Google Pay、楽天Payなど他の決済手段に登録可能なので実質的にはスマホ決済は可能。Kyashの2%還元との組み合わせでポイント二重取りがアツい。

アプリ ★★★★★  必要な情報は初期表示の状態にまとまっており、余計な情報は一切表示されず、シンプルで使いやすい。
総合 ★★★★☆ 加盟店の制約が多少気になるものの、全体的に使いやすいという印象。2%キャッシュバックはそこまで長くは続かないと思うので、そうなった時に継続して使えるかどうかは、個人間送金が肝なのかもしれない。

まとめ

一言でキャッシュレスと言っても、それぞれのサービスで目指している方法が微妙に異なったりするので、点数を比較することにあまり意味はないかもしれないが、各サービスの違いを整理して、自分にフィットするかどうかを認識しておくことは有意義だったと思う。

今現在、さまざまな決済手段が乱立しているが、今後もきれいに統合されることはおそらくないので、パートナー探しのつもりでいろいろ使ってみるのも面白いのではないだろうか。