flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

コウペンちゃん×西武コラボキャンペーンについて考える(その2)

f:id:penchosan:20190521113331j:plain:w600

今回のエントリは4月10日の『コウペンちゃん×西武×石神井公園について考える』の続編であり、西武鉄道がコウペンちゃんとコラボレーションして打ち出したキャンペーン企画についてあれこれ考えてみるものだ。

www.penchosan.com

最初にキャンペーンが発表されたのは2019年3月18日、そして5月14日に続報が発表されたのでちょっと掘り下げてみたい。なお今回は石神井公園が関係なさそうなのでタイトルは変更している。

コウペンちゃん人気っぷりがすごい!

前回の記事はブログを開設してまだ10日目のエントリだったのだが、アクセス数をそこそこ稼いでいる。特にGoogleやYahooからの検索が多く、注目度の高さを目の当たりにした。

開設して間もないブログが検索でヒットすることはなかなかないので、タイトルがうまくキャンペーンに便乗したということになる。

もっとも記事の内容はどちらかといえばビジネス寄りになっているので、コウペンちゃんのファンは期待に反することが多いかもしれないが、今回も方針は変わらないのであしからず。

今回は記念乗車券+ぬいぐるみ(2回目)

f:id:penchosan:20190612165523j:plain:w500
参考:コラボ記念乗車券第二弾!!「西武鉄道×コウペンちゃん 駅長コラボ記念乗車券」 を発売します!!

第一弾は即日完売

ニュースリリースにも記載の通り、第一弾は即日に完売している。キャンペーンに参加できなかった、気づいたら終わっていたという人も多いかもしれない。

ただ、2か月程度で第二弾が出てくるのは結構動きが早いなという印象なので予想以上の反響に内部では慌てたのだろうか。顧客側にとっては対応が早いのはありがたい話。

参考までに第一弾と第二弾の記念乗車券とぬいぐるみのイメージを比較のために抜粋しておく。

【第一弾】

f:id:penchosan:20190612165521j:plain:w400

【第二弾】

f:id:penchosan:20190612165518j:plain:w400

第二弾はポストカードが夏デザインになっているのだが、第一弾は春デザインかというとそうでもない。1回で終わるはずだったけど、あまりの人気ぶりに秋、冬と四半期ごとに実施するパターンか(笑)。

記念乗車券はオイシイ

もちろん第一弾に参加できなかった人への救済策という意味もあるが、この記念乗車券は西武鉄道からしても結構オイシイはず。

乗車券の有効区間780円というのは西武鉄道で一番高い区間の値段で、それを2000セットも完売できるチャンスがあるなら何度でも活用したいと思うのは当然かもしれない。

ふだんの乗車券の売上は1乗車で数百円程度なのだから。

そのうえ有効期間が7月31日までと短めで、きっぷ部分にも邪エナガさんのイラストが入っているので、多くの人は使ずに保存する可能性が高い。

第一弾からの変更点

発売に関連する変更点をまとめた。
なお、先行発売とは6月1日に開催されるイベントのことだ。
参考:6月1日(土)<入場無料>「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」を開催します!

# 第一弾 第二弾
発売日時 2019年4月6日~ 【先行発売】2019年6月1日のみ
【一般発売】2019年6月15日~
発売場所 池袋駅 【先行発売】イベント会場
【一般発売】池袋駅、所沢駅
発売金額 2,000円 2,000円
発売数 800セット 【先行発売】1,000セット
【一般発売】1,000セット
有効期間 ~2019年5月31日 ~2019年7月31日
注意事項 ひとり2セットまで ひとり1セットまで

改善されたところ

第一弾の即日完売を踏まえて今回はいろいろと対策を打ってきていることがわかる。

  1. イベントでの先行発売
    コウペンちゃん人気をイベントの集客にも使ってしまおうということでもあるが、どこが改善なのかというとアプリで事前に予約ができるということ(5月21日から)。
    イベント会場の混乱を避けるのみならず、遠方の顧客でもチャンスがあるし計画が立てやすいのはメリットだと思う。現場の運営だけで何とかせずに、こういうシステムをちゃんと準備しているのは素晴らしいところ。

  2. 発売箇所の追加
    所沢駅が追加されたのは、混雑分散に加えて池袋駅が手狭だという理由があるかもしれない。池袋駅利用者はわかると思うが人の密集度はすごいし動線はひどいし、あんな場所で行列ができたら一般客も困るだろう。
    個人的には電車に乗ってもらえない可能性がある池袋駅は外してもよい気がする。乗車券部分を一日券に変えれば良いし。

  3. 発売数の増加と購入数の縛り
    一般発売は1000セットに増加。2駅に500セットずつと仮定してもひとり1セットの縛りがあるため、1駅あたり500人は購入可能ということになる。前回は全員が2セット買えば400人にしか渡らなかったことを考えればかなりの改善だと思う。
    この手の限定商品は売れ残りを敬遠してか、ひとり2セットのパターンが多いと思う。1セットに縛ったのは確実に売り切れるという自信の表れだし、より多くの人が入手できるわけだしコウペンちゃんさまさまだ。

感想

第一弾からわずか2か月程度にもかかわらず色々と改善策が見られて興味深い。こういう小さなことでも変化が目に見えると企業のイメージは変わってくるのではないかな。

今の西武鉄道は新しいことを次々に色々やっていて見せ方(魅せ方)もうまいというイメージがあるので結構魅力のある企業になっていると思う。 秩父エリアやムーミンパーク とか 新型特急 とか豊富なリソースをしっかりとアピールしているし。

このあたりは今後のキャンペーンで絡めてきそうな気がしている。
コウペンちゃん×秩父×Laview」でツアー企画なんか普通に出てきそうだ。ムーミンとのコラボはさすがに無理だろうけど。

業態が異なるがJALなんかもミッキーで色々やっているので、期間限定とはいえ西武といえばコウペンちゃんというイメージが出来たら面白い展開になるかもしれない。 www.jal.co.jp

先行販売の状況(2019/5/22追記)

イベントの先行販売は公式アプリで2019/5/21から電子予約が開始されたが、1日後の5/22時点ではまだ余裕がある模様。

予約はアプリで会員登録する必要があるが、メールアドレスと生年月日だけの入力でよい。(実質ひとり複数予約も可能ということ)

1件予約してみたのだが、これ予約するとキャンセルができないようになっている。予定が変わっても解放できないので在庫が余る可能性もあるし、希望する時間帯を指定できない人も発生してしまうのでこのあたりは改善ポイントだろう。

今回せっかく取ったのでムーミンパークとセットで行ってみようか。

グッズの追加情報(2019/5/24追記)

2019年5月23日に先行発売のグッズが追加された模様。

参考:「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」会場にて「新型特急Laview(ラビュー)グッズ」「西武鉄道×コウペンちゃん キャンペーングッズ」を先行発売します!

f:id:penchosan:20190524102602j:plain:w600

5月14日からタイミングをずらして発表するのは意図があるのか、本当に間に合わなかったのかわからないが、集客コントロールには使ってはいそうだ。

しかし結構ハイペースでいろいろ発表してくるので面白い。航空コウペン稲荷山コウペンもそろそろ出てくるかもしれない。

・・・と思ったら航空コウペン的なやつがもうあるじゃないの。

f:id:penchosan:20190601232021j:plain:w400

これは「コウペンちゃん×西武×ANA」をやるしかない!