flying mofu

ペンギンと移動が好きなITエンジニアがスマートな生き方を考える

羽田空港と周辺跡地の再開発エリアを散策する(2019年7月)

f:id:penchosan:20190730170640j:plain:w600

7月最後の週末。台風直撃かと思いきや温帯低気圧に変化したということで、猛暑ではあるがいつものお散歩を兼ねた観察へ出かけた。7月以降、天空橋駅周辺の第1ゾーンの動きが活発になってきているので目が離せない。

今回のルート

5月6月と穴守橋からのスタートだったので、今回は久しぶりに天空橋から第1ゾーンの南側を経由して東へ進み、建設中のホテルを東回りで国際線ターミナルへ向かうルート。ちなみに天空橋からのスタート前に少し寄り道をしている。

穴守稲荷駅周辺

A~B地点

今回手前からスタートしたのは「ANA Blue Base」をチラ見するため。「ANA Blue Base」はこれまでバラバラに点在していたANAグループの訓練施設を1ヵ所に集約した施設で、建物自体は完成されていて、5月末にメディアに公開されている。現時点では一般公開されていないので、あくまで外観を確認できるのみだ。

f:id:penchosan:20190730171540j:plain:w400

travel.watch.impress.co.jp

「ANA Blue Base」の隣にはクロネコヤマトの物流ターミナル「クロノゲート」がある。芝生の中にクロネコのオブジェがあるのがわかるだろうか。予約は必要だが、中の見学も可能だ。

f:id:penchosan:20190730171558j:plain:w400

C地点

環八通りを東に進むとビルの1階にJALマークのついた飛行機のオブジェ(?)が突然現れる。ここはスカイプラザビルというマンション兼オフィスビルで、JALの乗員訓練センターの跡地らしい。「747シュミレーター機の思い出」と書いてあるので、訓練で使っていたフライトシミュレーターなのだろう。

f:id:penchosan:20190730171612j:plain:w400

再開発エリア

第1ゾーン周辺

C地点(天空橋駅)

いつ見ても、らしくない「天空橋」。先入観とは恐ろしいもので..

f:id:penchosan:20190730171639j:plain:w400

京急「天空橋駅」のA2(西側)出口とA1(東側)出口。奥の方に第1ゾーンのビルの建設が着々と進んでいるのが見える。

f:id:penchosan:20190730171653j:plainf:id:penchosan:20190730171712j:plain
D地点付近

国際線ターミナルのある東方向を見る。このあたりは工事用の白い仕切りが取り外されており、中が見えるようになった。

f:id:penchosan:20190730171750j:plain:w400

天空橋駅方向。左側のもう1棟のビルの建設も始まっている。

f:id:penchosan:20190730171808j:plain:w400

環八通りとの交差点から。ここからだと6月とあまり変化が感じられない。

f:id:penchosan:20190730171734j:plain:w400

第2ゾーン周辺(ソラムナード羽田緑地)

E地点付近

定番の視点から。工事用資材やクレーン車が移動したくらいで、あまり変化なし。

f:id:penchosan:20190730171858j:plainf:id:penchosan:20190730171911j:plain

川崎市方面の羽田連絡道路。橋脚は少しずつ進捗している模様。やっぱり土台作りは時間かかるんだな。

f:id:penchosan:20190730171840j:plain:w400

F地点付近

こちらも歩道が通行止めになったぐらいで、6月とあまり変化なし。やはり7月から作業工程が変わったのだろう。

f:id:penchosan:20190730171953j:plainf:id:penchosan:20190730172013j:plain

信号を渡って反対側の歩道へ渡ると...なんと歩道橋が繋がっている!こっち側の作業に切り替えたということね。

f:id:penchosan:20190730171942j:plain:w400

G地点付近

信号から少し進んだ場所から、振り返って西向きに歩道橋を見る。

f:id:penchosan:20190730172044j:plain:w400

東方向では道路のアプローチ部分の建設が始まっている。

f:id:penchosan:20190730172106j:plain:w400

ハイグレードホテル(手前)とスタンダードホテル(奥)。スタンダードホテルは近いうちに外壁が見えてくるかもしれない。

f:id:penchosan:20190730172031j:plain:w400

H地点付近

ハイグレードホテルは客室部分の外壁は完了して、エントランス部分の工事が進んでいる。

f:id:penchosan:20190730172204j:plain:w400

ラグジュアリーホテル。ここだけ時間が掛かっているということは客室ではなさそうだ。ロビーかラウンジかVIPルーム?

f:id:penchosan:20190730172217j:plain:w300

西方向、羽田連絡道路のアプローチ部分。ぱっと見だと3車線のように見えてしまうが、計画上は2車線のはず。

f:id:penchosan:20190730172148j:plain:w400

f:id:penchosan:20190702161513j:plain:w400
出典:http://nikkankensetsukogyo2.blogspot.com/2016/07/blog-post_6.html

空港ターミナル

国際線ターミナル

国際線ターミナルの定点観測。夏の風物詩ひまわり。

f:id:penchosan:20190730172300j:plainf:id:penchosan:20190730172319j:plain

4階と5階にはあさがお(の造花)が至る所に飾られている。

f:id:penchosan:20190730172350j:plain:w300

f:id:penchosan:20190730172418j:plain:w400

5階の「はねだ日本橋」からターミナル拡張部分を見る。見えているカウンターは「L」なので、拡張後はあと3つぐらい(M、N、O)追加されるだろう。

f:id:penchosan:20190730172334j:plain:w400

f:id:penchosan:20190731084353j:plain:w400
出典:フロアマップ | 羽田空港国際線旅客ターミナル

ターミナル拡張部分の外観と搭乗口増設部分。あまり変化は感じられなかった。

f:id:penchosan:20190730172450j:plainf:id:penchosan:20190730172432j:plain

その他

この後、JALの第1ターミナルに移動してみたが、出発、到着ロビーには大きな変化はなかった。地下1階では何やら工事が進んでいてトイレのリニューアルっぽいのだが、全体的な完成イメージはよくわからない。おそらく見た目はあまり変化がないのではと思う。

羽田空港第 1 ターミナル1階・地下1階トイレリニューアルのお知らせ

まとめ

第1ゾーンが本格的に動き出し囲いが外されて中も見やすくなってきたので、これから注視していきたい。一方、今回取り上げていないが、第2ターミナルの国際線施設が実はかなり進捗してる。バスに乗るとわかるのだが、外観を確認しづらいのが難点。だんだんと確認すべき(というか気になる)ポイントが増えてきて全部把握できないので、ちょっと記事の書き方を考えようと思う。

シリーズ

羽田空港と周辺跡地の再開発エリアを散策する(2019年8月) - flying mofu

羽田空港と周辺跡地の再開発エリアを散策する(2019年6月) - flying mofu

羽田空港跡地の再開発エリアを散策する(2019年5月) - flying mofu

羽田空港跡地の再開発エリアを散策する(2019年4月) - flying mofu